ペンタブレットを買うならワコム 製? 目的に応じたオススメをご紹介

ガジェット

最近はデジタルで絵を描く人が増えてきました。

もちろん、マウスだけで描くことは困難なので
大抵の人はペンタブレットを使って描いていると思います。

 

そこで、新しくデジタルイラストを始める方が
ペンタブレットの購入を検討するときに迷うのが、
どの種類を買うかということ。

大きく分けて「板タブレット」「液晶タブレット」があり、
それぞれメリット・デメリットが存在します。

さらに、一昔前まではペンタブレットといえば「ワコム 社」一強でした。

多少値段は高いものの、
他者を圧倒するほどの抜群の性能と使いやすさを誇る絶対的王者でした。

しかし、最近は各メーカーから
その王者ワコム にも迫るであろう性能のものが発売されていたり、
コストパフォーマンスに優れたモデルもあります。

今回は、風景、キャラクターなど、
描くもの別にオススメのペンタブレットをご紹介していきたいと思います。

これからデジタルイラストを始める方にオススメなのは…

デジタルイラストが初めてで、これから道具を揃える!という方は

ワコム 社製の入門用の板タブレット

をおすすめ致します。


なぜなら、
価格が手頃なので、デジタルが自分に合っていないなと感じた時も
最低限の出費で済む
からです。

慣れてくるとこだわりも自然と出てくるでしょうから、
その時に自分の好みのペンタブレットを購入すれば良いのです。

 

特に、
液晶タブレットは高価なので初心者の方がいきなり買うのはおすすめしません。


また、構造が複雑なためか、不具合も板タブレットに比べ格段に多いです。

そのため液晶タブレットはデジタルイラストにある程度慣れてから
購入を検討することをオススメ致します。

 

どうしても液晶タブレットがいい!という方は

iPad Pro

を購入しましょう。

iPad Proであれば、もし自分に合わないなと感じても、
普通のタブレットとして使えるため無駄にならないからです。

アナログに慣れているなら液晶タブレットをおすすめ!

もしあなたがアナログの方が得意、アナログに慣れているのなら

液晶タブレット

がおすすめです。

 

なぜなら、直接液晶画面に絵が描けるため、
アナログに近い感覚で描くことができるためです。

ただし、アナログに近いとは言っても、
やはり紙に描くのと液晶画面に描くのとでは別物。

多少慣れは必要です。

 

また、機種によっても描き味や反応も違ってくるので、
できれば家電量販店などで試し描きをしてから購入をすること
おすすめ致します。

私のオススメはこちら。

風景画なら板タブレットがおすすめ

風景を主に描かれる人であれば、

板タブレット

をおすすめ致します。

板タブレットの方が広い視野で全体を見ることができるためです。

 

風景を描くためには、全体的なバランスを考慮する必要があるので、
板タブレットの方が都合がいいのです。

 

そして、できれば一番大きなサイズのものを購入しましょう。

小さいものだと手首を酷使するので腱鞘炎になりやすいためです。

私も愛用しているオススメはこちら。

とにかく安く済ませたい方には…

とにかく安く、お試しでペンタブレットを使いたい!という方には、

中国製のペンタブレット

をオススメ致します。

安かろう、悪かろう、かと思いきや、
実はあのワコム 社に肩を並べるほど性能がいいのです。

それは「神絵師」と呼ばれるほど画力の高いプロの方が使ってもそう思うほど。

 

ただ、説明書に日本語も載っているものの、所々変な箇所があるので注意は必要です。

しかし、圧倒的にコストパフォーマンスがいいので一度試して見る価値はあるでしょう。

私はというと…

ちなみに私はというと板タブレットを愛用しています。

中華製の安いもの、液晶タブレットなど色々と試してきましたが、私は風景を描くので板タブレットの方が合っていました。

ちなみにサイズはLサイズです。
大は小を兼ねるので、Lサイズとしました。

持ち運びには不便ですが、とても描きやすいです。
上でも紹介しましたが、私も愛用しているのがこちら。

 

 

いかがでしたでしょうか。

本日はケース別にオススメのペンタブレットを紹介しました。

ぜひ自分に合ったペンタブレットを見つけ、素敵なイラストを描いてみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました