パルスオキシメーターの安いものは実用に耐えるのか?【徹底解説】

おすすめガジェット

 

冬になり寒くなったことで、再び新型コロナウイルスが猛威を奮っています。

病院の病床は逼迫し、
自宅での待機や宿泊施設での治療を余儀なくされています。

 

そんな中、恐ろしいのが「当然容体が急変」すること。

軽症の方が自宅や宿泊施設で待機中に容態が急変し亡くなってしまう事態が発生しています。

 

どんなに感染予防をしていても今や他人事ではなく、
誰もが感染リスクのある新型コロナウイルス。

初めは軽症だったのに、
いきなり症状が悪化し、帰らぬ人になってしまうのはなんとしても避けたいですよね。

そんな中、巷で話題になっているものがあります。

今や「一家に一台」必要なパルスオキシメーター

それが「パルスオキシメーター」です。

パルスオキシメーターとは、
指を挟んで血液中の酸素飽和度を計測する機械のことです。

このパルスオキシメーターが開発されるまでは、
わざわざ動脈から採血しないと測定できなかったため、
医療機関に行かざるを得ず、時間とお金がかかっていましたが、今は簡単。

このパルスオキシメーターが開発されたので
指に挟むだけで血液中の酸素飽和度を計測できるのです。

 

しかも最安のものは1,000円台から購入可能

 

コロナ禍の今、熱を計測するのが当たり前となり、
体温計はどの家庭でもほぼ1台はあるかと思いますが

それと同じように万が一のため、
いつコロナになっても自分で血液中の酸素飽和度を計測できるように
このパルスオキシメーターを備えておくことをおすすめいたします。

 

特に自身やご家族に高齢者や糖尿病患者などの疾患がある方がいる場合には
安いものでも準備しておくことをおすすめ致します。

コロナに感染した場合酸素飽和度が低下しても苦しくない?

「普通、苦しくなったら誰でも分かるから、
わざわざ計測する必要がないんじゃない?」

とお考えの方も多くいると思います。

しかし、
コロナウイルスの場合はそれが通用しません。

 

なぜなら、酸素飽和度が70~80%のような重度の低酸素血症の状態でも、
患者が「息が苦しい」と訴えない事例があったためです。

そのため、結果的に発見が遅れ、重症化し帰らぬ人になってしまった、
ということが多発しているようです。

通常、健康な人が急に酸素飽和度が90%以下になると、
苦しくてとても我慢ができません。

しかし、コロナウイルスに感染した患者さんはなぜか、
低酸素の状態になっても異変を訴えないようです。

 

そのことから、この現象を
「ハッピーハイポキシア(幸せな低酸素血症)」
と世界中の医療関係者の間で呼ばれ、恐れられています。

用意するなら一番安いパルスオキシメーターで大丈夫?

「コロナに感染したならともかく、
感染するかしないか分からないものにはお金をかけたくない」

「もしコロナに感染しなかったら使い道がないので、いらない」

「自分は基礎疾患もなく、若く、健康的なので大丈夫だと思う。
でも、万が一に備えて最低限のものが欲しい」

などという声もあるでしょう。

 

そんな方たちには、
一番安いパルスオキシメーターを購入することをおすすめ致します。

なぜなら、アマゾンであれば1,000円前後で買え、コスパ抜群だからです。

それなら、もし幸運にもコロナウイルスに感染しなく、
パルスオキシメーターを使用しなかったとしても、最低限の損失で済むため、
使用してもしなくてもお財布に優し事は間違いなしです。

おすすめはこちら。

今は、パルスオキシメーターの注目度が上がったためか、
発送までに2週間から3週間かかるところが圧倒的に多いです。

しかし、こちらはお届け日が4日〜7日後と、見た中で一番迅速なのでオススメです!
※在庫状況によっては変動するかも知れません。

 

万が一にでも気に入らなかったり、正確性に欠けたりした場合でも、
出費自体が1,000円前後という低コストなので、購入失敗もさほど気にならないことでしょう。

 

ちなみに少しお値段が高くても
より精度の良いものや信用できるものが欲しいという方には
こちらがオススメ。

医療機器としての認証品ですし、実際購入された方のレビューもあります。

出典:Amazonより

出典:Amazonより

参考にしてみてください。

 

「あんまり余計なお金はかけたくはないけど、コロナにはきちんと備えておきたい」
という方にはぜひおすすめの商品です。

 

パルスオキシメーターの必要性について
詳しく書いた記事もあるので、もしよろしければ
合わせてお読みください。

今、注目のパルスオキシメーターとは?【あなたの命を守ります】
以前まではコロナ感染者が三桁だけでもかなり深刻なニュースになっていましたが、 今や1日に1,000人はおろか、6,000人、7,000人と10,000人に迫る勢いで 感染者が増加しております。 特に、今回緊急事態宣言が発令...

コメント

  1. […] パルスオキシメーターの安いものは実用に耐えるのか?【徹底解説】 冬に… […]

タイトルとURLをコピーしました